英語は暗記科目と言うより、暗記も必要な科目だと思い出したような出題・・

  当サイトの管理人は、こんなプログラム無しでは作れないような出題を しているように、プログラマの経験があり、理系の出身だったりします。
  そんな私は高校や大学の受験時代は英語を 文系と言う公式に当てはめるパズルのように感じながら問題を解き続けていました。
  しかし、高校受験の際、模擬試験の結果とは余りに裏腹に全敗し、 滑り止めに辛うじて引っかかったのです。
  英語なんて簡単なはずだった・・・でもいざ向かってみれば 知らない単語だらけ。ハッキリ言いましょう。
  「知らない英単語に出会ったら前後の文脈で意味を予測しなさい」
  そう何度も言われて来ましたが、そんなものは嘘です。まともに予測出来た 事なんて全然ありません。むしろ語源を覚えて行った方がどれだけ役に立っていたか・・・
  大学受験に向かう時はどうでもいい教科の授業はほとんど英単語暗記に当てる事になったのです。
  数年後、絶対使うはずが無いと思っていた英会話を習い始め、 その楽しさにハマり、伸びれば伸びるほど感じるボキャブラリの必要性。
ましてや英熟語なんてものは使わなければ熟語だって気づかれないくらいタドタドしい表現になり、 意味が無くなっていくのです。
  暗記嫌いだった私も英語に関してだけは暗記を頑張りました。 暗記暗記と思っても、英語は言語だけに何度も使っていればそれが自然と 身につきます。さらに、使いなれた構文などは、人に使われても「たぶんこんなこと言うんだろうな・・」 と言う待ちの姿勢も出来る為、これこそがリスニングの伸びしろをグンと伸ばしてくれたのです。
  今回の出題ですが、そんなお約束フレーズがときおり顔を出します。
そして、そんなお約束フレーズの際は、画面が切り替わりロードしている最中でも判り切っているので 画面読み込みの最中でもボタンを押してしまうくらいの状態。
  ここまで来ると高得点も望める・・・と言う事を思えば、当サイトの 速さ+正確性と言う採点方法は、英作文トレーニングとは言ってもやはり英会話力の 採点であると言いきっても良いのではないかと思っています。
  「これは英会話力では無くて、英作文力では?」と生徒さんの 1人に言われサイト名を変えたと言ういきさつがあったこのサイトですが、未だに これで十分英会話力と言ってもいいのではないかと思っています。
  と言う訳で、お約束フレーズを知っていると時間の短縮出来そうな問題が 多く見られる気がします。そのつもりで頑張って下さい。(^-^)