今回の過去問には、当サイト管理者がカナダバンクーバーで 英語修行をしていた頃の思い出が詰まってるみたいだな〜なんて思いました。
  1問目は私が英会話講師のディプロマを取得してた時の先生の口癖そのまま。 driveが5文型で使われるのが凄く新鮮だった気がします。
  一方2問目は、ビクトリアのブッチャートガーデンにバンクーバの英会話スクール、 講師生徒みんなで行った時の会話から。実は筆者はこの朝お腹を壊してどうなるかと・・・(-_-;)
結果、やっぱ男性は花とかに余り興味が無いのでしょうか?メインの花そっちのけで 覚えたてのスキルで、皆の手相を観て回ってたりしたのでした。
  3つ目はありがちですね。どの高校受験参考書でも扱ってそうな 例文です。
  4つ目はむしろ最近の経験でしょうか?いつでも以前打ち合わせてた 事を『考慮に入れて考える』日本人と、「考慮に入れて考えてるんだ!」って直接 言わないと判らない外人さん?(-_-;) ときたまこの一方通行な関係に凄く疲れを 感じる事があったりします。ただ、自分が良く、我が英会話教室のパーティに 招待する外人も例外ではないかも知れませんが、必ず『筋』は通す気概がある 脱力感は感じさせないでくれる友人だったりします。
  5問目。これは・・・(^-^;) その滞在したバンクーバであった ゲイ・パレードの話ですかね。この文化、知らないであっち行くとロクな事ないので それこそ『考慮に入れて考え』ましょうね。
  6問目は英会話教室につきものの、「私の好きな先生が国に帰っちゃうの・・(;_;)」 と言う話です。悲しいですよね。でも、ワーホリ系の英語講師を雇う英会話教室が減りつつあるので、 ちょっとこんな話は減ったのでしょうか? でも、英会話喫茶やカフェ英会話では未だ多い話。料金安いし、恐らく入学金も無いので これは仕方ないですかね。   最後は7問目。あぁ〜・・・(汗) 懐かしい?お薬で逮捕されちゃった 某PoPシンガーの旦那さんの話でした。こんな日頃話すかも知れない話を英語で サラっと口に出来たらいいですよね〜。そんな日を目指してこのサイトを楽しんで頂ければと 思っております。では過去問の9、お楽しみあれ。(^-^)b